第2の億り人は本当か?

BTCV bitcoin vault MiningCityのリアルを徹底解析

BTCV bitcoin vault

ビットコイン

ボルト

ホスティング会社・マーケティング会社・Pool会社で結成された協会団体World Digital Mining Organization Inc.(国際仮想通貨協会)において、最初のDDMS V1準拠プロジェクトとして選定されている由緒正しきコインです

ビットコインがあるにも関わらず、国際仮想通貨協会は何故、新たなコインを創出しなくてはいけなかったのでしょうか?

ビットコインの脆弱性

問題はビットコインの脆弱性にあります

マイニングの偏り

ビットコインのマイニングは中国が70%を占めており、マイニングプールの50%以上が4,5箇所に偏っています。

51%問題

採掘速度の51%を獲得することで(1)不正な取引の正当化 (2) 正当な取引の拒否 (3) 採掘の独占を行うことが可能となってしまいます。

送金の問題

ビットコインは一度送付してしまうとキャンセルすることができません。もし自身のサイトがハッキングされ、ビットコインを誰かの口座に送付されてしまうと取り戻すことは不可能です。また、送金のスピードも不安定です。

つまり、今のビットコインは不正な取引が行われる可能性が高く、公正かつ平等ではないコインであり、セキュリティーにおいても問題があるということです。なので商用としての広がりを見せていませんし、価格も安定していません。完全な投機市場となっています。

これらの問題を解決するために開発されたのがBTCV Bitcoin Vault ビットコインボルトです。

暗号資産の市場価値

一方で、暗号資産はすでに一定の市民権を得ており、今後も利用者が増えることは間違いありません。国が発行する通貨と違い、世界共通通貨としての期待は高く、各国の経済状況に左右されないため、今回のコロナウィルスの発生による経済危機などでは貨幣価値の下落から資産を守るための退避先として暗号資産が使われています。

世界中から基軸となる通貨が求められていることは間違いありません

最近ではFaceBookがLibra(リブラ)を電子取引の基軸通貨として利用できるものにすると発表し、世界中で叩かれたのは記憶に新しいと思います。営利目的の一般企業が運営するとなると叩かれるのは当然です。

世界的に逃避先として考えられるのは金Goldですが、デジタル市場が中心の世界において、現物の金は現実的ではありません。世界共通通貨として暗号資産の価値は今後も上がると言われていますが、ビットコインはまだその地位を築けていません。

BTCV bitcoin vault ビットコインボルトの優位性

公平性

ビットコインボルトはマイニングでしかコインを生成することができません。最初から誰かが持っている状態からのスタートではありません。国際仮想通貨協会で認められているマイニング方式でのみ発掘されます。誰もが最初のマイニングの時点から手にすることができます。暗号資産の世界で金Goldの役割を持つデジタルゴールドコインを目指しています。

セキュリティー

3つの秘密鍵によるセキュリティ構造に基づいて、より高いレベルのセキュリティを提供するために開発されました。ビットコインの便利さをすべて備え、ユーザーの透明性と自由を可能にする重要な機能を追加しています。全ての取引は144個のブロックで警告され、緊急事態には修復キーによる24時間以内のキャンセルが可能になります。

処理速度

ユーザーは高速送金か超安全送金を選択できます。

市場展開スピード

ビットコインボルトは2024年5月には計画されている総枚数のマイニングを終了します。つまり市場において公正な基軸通貨として担えるポジションを早々に作り上げていく準備ができています。

マイニング計画

周期ブロック報酬ブロック報酬
の変化周期
ブロック報酬
の変化日
マイニング
ブロックス数
マイニングコイン
の枚数
マイニングコイン
の累積枚数
マイニングされた
コインの割合い
11757ヵ月298505223750522375025%
21506ヵ月2020年5月266003990000921375044%
31256ヵ月2020年11月2660033250001253875060%
41006ヵ月2021年5月2660026600001519875072%
5756ヵ月2021年11月2660019950001719375082%
6506ヵ月2022年5月2660013300001852375088%
7256ヵ月2022年11月266006650001918875091%
812.56ヵ月2023年5月266003325001952125093%
96.256ヵ月2023年11月266001662501968750094%

全体コインの枚数 21,000,000 BTCV (ビットコインと同様)

アルゴリズム SHA256 PoW(ビットコインと同様)

平均ブロック生成時間 10分(ビットコインと同様)

6月時点ではまだ全体の25%しかマイニングは終わっていません。これからが本格的なマイニングになってきます。ビットコインで例えると、まだビットコインが5万円だった頃と同じくらいのタイミングです。ただしBTCVは半減期が半年に1度なので4年に1度のビットコインに比べると、今後の上昇スピードは加速すると考えられます。

今後のマーケティングロードマップ

2020年1QにDDMSの認定を得る予定でしたが、計画通り発表されました。

2020年3Qで取引市場の拡大ですが、すでに4市場で取引可能です。更に大手含めた市場に上場することは間違いないでしょう。

5月6月の市場の出来高に関して

重要な事実ですが、4市場での5月6月の市場での総出来高は約322万BTCVになると思われます。5月時点で、マイニングされた総コイン数は460万コインです。マイニングした2割程度の人がBTCVを市場で売ったとすると、市場に流通するコイン量は92万コインです。つまり5,6月の時点で92万コインに対し322万コイン約3.5倍の取引が行われたことになります。市場に流通したコインの持ち主は明らかに入れ替わり、出来高を伴い価格が上昇していると言えます。

2020年12月時点での市場心理

3Q 2020年10月~12月の時点では、まだ全体の44%しかマイニングが終わっていません。取引市場が拡大することでマイニングに遅れた参加者が買うため、市場価格は上がるのが普通でしょう。更に4Qのグローバルマーケティングキャンペーンで何を発表するのかはまだ不明ですが、標準コインとしてのアプローチや様々な販促を掛けるのは間違いないでしょう。そうなると誰も売りません。市場流通量が少ないため更に価格の上昇が見込めます。新規上場の有望株を上昇させる仕掛けと同じです。

これらを先読みするだけでも、今のタイミングでマイニングをすることが如何に重要なのかがわかります。

市場で買うべきか?

マイニングで入手すべきか?

先に上がるのが明らかな場合、すでに上場している市場でBTCVを売り買いすることで利益を上げる方法が効果的です。BTCVが通常の草コインであれば、市場取引で入手して下がってきたタイミングに逃げるという方法もあります。BTCVの将来価値があまり感じられない場合は市場トレードで買う方が良いでしょう。

しかし、BTCVの様に国際仮想通貨協会が主導して推進しており、基軸通貨になる可能性がある場合は、より沢山のコインの数を集めることができる方法を選択するのが得策です。

マイニングが有利な理由

現在のBTCV価格 0.03BTC
ビットコイン価格 100万円
手持ち資金 $600(66,000円)
だとします

市場で購入する場合
$600で買えるBTCVの数は2.2枚です
マイニングの場合
$600は今のレートなら127日で2.2枚になります

マイニングは1100日続くので3年で9.22枚の計算になりますので市場で購入するよりも4倍のコインを集めることができます。
127日の期間での上昇を期待し、利益を出すなら市場で購入する選択もありです。ただ、マイニングしたコインは途中で引き出せるので、必要であれば途中で売れば良いだけです。
今後更に上昇し続けるとみる場合、市場で買うよりも4倍も多く獲得できるのですから、マイニングの方が圧倒的に有利です。

 

今後もBTCVからは目が離せません

BTCVマイニングについて